最高に幸せになれる可能性を秘めているのが遠距離恋愛

遠距離恋愛に必要なのは、「強い愛情」と「行動力」です。
しかし、ラブラブな関係を保つのはとても難しいこと。最初は強い愛情で結ばれていても、生活スタイルの違いや男女の思考の違い、身近な異性の存在…など様々な要因で別れてしまうカップルがほとんどです。

しかし、あなたは恋人と別れたくなんてないと思っているはず。ずっと恋人と幸せでいたいですよね。このサイトには、「長続きさせるコツ」「別れの防止方法」「浮気チェック」など、遠距離恋愛に関するコンテンツが満載。きっとあなたのお役に立てることでしょう。

ハッキリ言って、遠距離恋愛をしていると浮気されやすいです。特に男性は近くにあるものを欲しがります。手の届く範囲に魅力的な異性がいれば、心変わりしてもおかしくないでしょう。恋人を他の人に取られたくないなら、あなたの「行動力」が問われます。常に自分を磨いたり、恋人の心を離さないテクニックを駆使したりして、相手にとって他に代わりがいない素敵な恋人にあなたがなるのです。

とても面倒な遠距離恋愛ですが、困難を乗り越えれば、普通の恋愛以上に幸せになることが出来ます。遠距離だとしても愛が冷めなかったら、本物の愛である証。遠距離恋愛後は、心から永遠の愛を誓える関係になっているでしょう。また、遠距離恋愛中は自由な時間が増えるので、その時間をスキルアップのために使えば、パートナーから見て魅力的になります。自分自身を変化させることでマンネリ化を解消でき、愛が冷めにくくなるでしょう。

長続きさせたいならテクニックを駆使しよう

基本的なことですが、遠距離恋愛を長続きさせるには「定期的に会う」ことが必要です。会いに行くのにはお金と時間の負担が出てきます。負担が偏っては絶対にいけません。相手を思いやる気持ちがお互いにないと、遠距離恋愛は長続きしないのです。

「寂しい」メールを頻繁に送るのもあまり良くありません。これは自分本位な表現で、パートナーの気持ちを考えていないからです。「寂しくない?」の方が相手を労わる気持ちが伝わり、逆にパートナーからも心配してもらえるでしょう。また、メールで甘えるのも控えたほうがよさそうです。会うときだけ思い切り甘えることにより、ギャップでパートナーにもっとたくさん会いたいと思わせることが出来ます。

る前にメールをするようにしましょう。これは、1日の初めと終わりに連絡することで、相手の生活に自分の存在を溶け込ませるテクニックです。しかし、もし相手からの返信があまりにもそっけない場合は、数日間全くメールをしない日があってもいいかもしれません。心の距離が離れている場合、たった1通のメールさえも大きな負担になってしまうからです。過剰な干渉は避けて様子を見ましょう。

嫌われるNGテクニック & 別れの予感

やってはいけない事や別れを予感させる事を把握することも、遠距離恋愛を長続きさせるためのコツです。

【NGテクニック】

・ヤキモチを焼かせようとする

絶対にしてはいけません。なかなか会えないのに相手を不安にさせたら、相手の愛情が冷めてしまうでしょう。

・「すぐに会いたい」などと無理なことを言う

寂しいのは分かりますが、相手がどうしようもできない場合、相手があなたのことを負担に思うでしょう。

・浮気を疑う

相手は信じてくれていないとショックを受けるでしょう。あなたの存在が相手の心の負担になりかねません。

【別れの予感】

・急に連絡が減った

忙しくても朝や寝る前なら、メールを送る時間が少しでもあるはず。疲れて寝ていたという言い訳も別れのサインかもしれません。メールの内容が単調になるのも危ないでしょう。

・会う約束をしてこなくなった

相手は浮気をしていて、フラれるのを待っている可能性が少なからずあります。先述したように、直接浮気を問うのは良くありませんので、相手を思いやる言葉をかけて話を引き出しましょう。

また、「1日1回10分以上電話する」などの決まり事は、場合によっては撤廃しましょう。最初は愛を育むためのものだったとしても、これが義務のようになってしまっては、愛し合う関係を保つことは難しいかもしれません。相手や自分のライフスタイルに合わせましょう。

このように、遠距離恋愛では様々な行動に敏感にならなくてはいけません。とにかく一番大切なのは、相手を思いやる気持ち。遠距離恋愛で最高の幸せを手に入れることはあなたにも出来ます。不安にならずに「行動」に移しましょう。