別れの前兆5パターン

トップページ > 遠距離恋愛と別れ > 別れの前兆5パターン

遠距離恋愛での別れの前兆5パターン

遠距離恋愛でよくあると言われている別れの前兆5パターンを紹介します。

①会いたいと言われることや、実際に会う回数が減ってきている。
②毎日のようにしていたメールやLINE、電話などが以前より少なくなってきている。
③以前よりも容姿や服装を褒めてくれなくなった。
④「忙しい」や「疲れてる」の言葉が増え、相手にしてもらえないことが多くなった。
⑤久しぶりに会っても、会話をせずに携帯ばかりをいじっている

当てはまる項目はいくつありましたか?

それぞれの前兆には意味がある!

①の場合、好きな人にはやはり理由なく会いたいと思うはずですが、その気持ちが薄くなっている可能性があります。
②は、あなたとのホットラインである携帯電話を軽いものと捉えているのかもしれません。
③は、あなたへの関心が薄くなっているため、ちょっとした変化でも気付けなくなっているのでしょう。
④は、本当に忙しかったり疲れているわけではなく、あなたを相手にしている時間がもったいない、という言外の意味が潜んでいます。
⑤は、あなたと話すことがない…ではなく、もしかしたら浮気をしている可能性すらあります。

いかがでしたでしょうか。
彼からの別れのサインを読み取り、別れを切りだされてしまう前に、何かしらの手を打つようにするといいのではないでしょうか。