束縛しすぎない

嘘でもいい!信じている姿を見せてあげよう

遠距離恋愛は相手が浮気しないか心配で仕方なくなりますよね。しかし、恋人を束縛してしまうような言葉を言ってはいけません。もし自分が言われたらどうですか?「浮気は絶対にしないでね」なんて言われたら、自分のことを信じてないのだろうか、と思ってしまうかもしれません。

「浮気しないでね」という言葉は、一見相手を深く愛していることの表れに聞こえます。しかし、これは自分に自信がない証拠。相手が本気で愛していると分かっていれば、「風邪ひかないでね」などと労りの言葉が出てくるはず。恋人が浮気するか心配なら、嘘でもいいので「あなたを信じている」と思わせる言葉をかけてあげましょう。

愛が冷めるNGワード

遠距離恋愛中の恋人を束縛してしまう言葉を避け、相手を労わる言葉をかけてあげるのが愛を長続きさせるコツです。どんな言葉がNGなのかいくつか例を挙げます。

・浮気は絶対にしないで!
・メールはこまめにすること!
・ずっとあなたの事だけを思ってるよ!
・私たちの写真を毎日見て、私との愛を思い出してね!

愛しているのは分かりますが、なかなか重い言葉ですね…このような自分本位な言葉ではなく、「体調を崩さないように気を付けてね」「無理してない?そっちの生活は順調?」など、相手を労わる気持ちを伝えましょう。そこから話が広がってお互いの気持ちを伝え合えば、より愛が深まるでしょう。