あいさつメールは欠かさずに

トップページ > 遠距離恋愛を長続きさせるコツ > あいさつメールは欠かさずに

相手の生活に食い込んでいく

遠距離恋愛中の恋人とちゃんと毎日連絡を取り合っていますか?なかなか会えない分、電話やメールでコミュニケーションを取ることは必須。忙しくても朝一番や夜の寝る前は少しでも時間があると思うので、あいさつメールは欠かさずに送り合いましょう。

毎日連絡を取ってお互いの存在を示すことが、遠距離恋愛を上手くいかせるコツ。あいさつメールを欠かさず送ることによって、自分の存在を相手の生活に溶け込ませることが出来るのです。束縛しない程度に食い込んでいけば、浮気される心配はありません。

心の変化に気付くことが簡単になる

あいさつメールは一言で終わらせない方がいいでしょう。メールは恋人の動向をうかがう絶好の機会。離れていても相手の心の変化に気付くことができます。例えば、「おはよう!昨日は飲みすぎたんでしょ。大丈夫?」などと相手を労わる感じで様子をうかがうのです。あまりにもそっけなかったり返信がない日が続いたら、何か隠している可能性が高いと分かります。簡単に心の変化に気付くことが出来るようになるはずです。

質問する内容のメールばかり送っていては、相手にウザがられます。
眠る直前のあいさつメールは、「今日もお疲れさま!風邪ひかないようにね。おやすみなさい。」など、相手を思いやる内容のメールを送りましょう。優しさを感じている恋人の心が離れることはないはずです。