遠距離恋愛が終わる時期を決めておく

トップページ > 遠距離恋愛からの結婚を実現させる > 遠距離恋愛が終わる時期を決めておく

遠距離恋愛の終わりは結婚への第一歩

遠距離恋愛は何年続くのか、結婚する具体的な時期を考えてくれているのか、もしその期間や時期がやむなく予想を超えてしまう場合は遠距離恋愛を続けるのか、一緒に暮らすようにシフトチェンジするのか、遠距離のまま別居婚という形を取るのかなど、遠距離恋愛中のカップルは先々の予定を具体的に考えておいた方が良さそうです。

結婚に至るためには、当然ながら遠距離恋愛を終わらせることが必要不可欠です。その時期があいまいでは、年月を重ねていく内に不安感や焦りが生じてしまいかねません。女性にとっては結婚適齢期は気になるところ。子供をもうけたい場合など、特に気になってしまうものですよね。

遠距離恋愛の終了時期を恋人が提示してくれることは、相手も結婚を考えてくれているということにもなります。そういった点でも、関係を続けていいのかの判断材料になるでしょう。

場合によっては、関係そのものを終える覚悟を

結婚を急かさないのが吉であることは別ページでご紹介しましたが、かと言って、結婚する意志を全く見せてくれない恋人と遠距離恋愛をダラダラと続けるというのも、結婚願望があるのであれば余り得策ではありません。人は環境に馴染む生き物です。結婚の時期が見えないまま遠距離恋愛を続ける状況に慣れてしまうと、もうこのままでいいかなという妥協とも呼べる思いが湧き上がってきてしまいます。

近距離恋愛、遠距離恋愛問わず、結婚を迎える時期は付き合いを始めてから3年前後が多いもの。
逆に言うと、3年という時期を過ぎても結婚の「け」の字も出ないようであれば、恋人との関係そのものに終止符を打つ覚悟を持った方がいいかもしれません。