遠距離の片思いを成就させるには

トップページ > 遠距離の片思いを成就させるには

アプリを積極的に活用しよう

スマートフォンやパソコンが飛躍的に発展した今だからこそ、遠距離なら尚更に便利なアプリを活用しましょう。

殆どの人が利用しているアプリと言えばLINEが有名ですが、LINEは片思いの相手とも気楽に連絡を取り合えるアプリとして非常に優秀です。遠距離にいる片思いの相手に連絡を取る際にも下心を感じさせることは少ないでしょう。もし片思い中の相手の連絡先を個別では知らないといった場合でも、まずは共通の友人を介してグループを作ってもらうという手段も取れますし、遠距離など関係なく自然に会話をする場を設けられますよね。

また、以前は通信料金がネックになっていた遠距離でもLINEを始め無料通話ができるアプリを利用すれば、そんな悩みは解消されます。
電話を掛ける側としても助かりますし、電話を受ける側としても相手の通信料を気に掛ける必要がありません。無料通話アプリを利用することで、片思い中でも電話を掛けること自体が大げさなものに感じないという点も利点と言えますね。
ただし、遠距離にいる相手の行動パターンは把握できない部分が多くあるため、電話をする際には事前にメールやLINEなどで「今電話しても大丈夫?」などの確認を怠らないようにしましょう。

会話を楽しいと思わせることの重要性

電話、メール、LINEなどのアプリ…会話する際の媒体が何であれ留意したい点は、会話を「楽しい」と思わせることです。
片思いの人と話す時に緊張してしまうのは仕方ありませんが、気付いたら相槌のみで返していませんか?
会話時の反応が相槌だけでは「俺と話すの楽しくなさそうだな」とあらぬ誤解を生じてしまいますし、相手も楽しいとは感じないでしょう。楽しいと思えない会話は続きませんし、また話したいと思うこともありませんよね。

相槌自体は悪い反応ではありませんので、まずは相槌に続けて相手の話題に興味があると示しましょう。例えば「この前どこそこに行ったんだ」といった話題を振ってもらえたなら「そうなんだ!私も行ってみたいんだよね、どんな感じだった?」といったように深く話を掘り下げられるような意見を足してみるだけでもOKです。遠距離だからこそ違和感なく「一緒に行きたかった」といった雰囲気を匂わせることもできますね。

ただし同じ反応でも「私も行きたかったな…」とネガティブさを前面に感じさせるようにしないように注意しましょう。ネガティブな反応は片思い中の相手を辟易させてしまいますし、次回から話題を振るのを躊躇されてしまうかもしれません。

遠距離とはいえ焦りは禁物!

片思いの相手が遠距離にいる場合「忘れられちゃったらどうしよう」「遠距離先で好きな人ができちゃったらどうしよう」といった不安が頭をもたげ、焦燥感に駆られてしまいがちです。遠距離は物理的な距離感だけではなく、心の距離感も広げてしまう可能性が高いことは否めませんが、だからと言って焦りに任せて行動するのは慎んだ方が無難でしょう。

遠距離の相手とつながり続けるために連絡を取るというのは確かに有効ですが、片思いしている相手に忘れられたくないからと言って毎日頻繁に連絡を送ったり、余りにも多く電話を掛けるのはお勧めできません。男性によっては好きにさせただけで満足したり、片思いされるのを面倒に思うタイプもいるので、「自分のことを好きなんだろうな」と勘付いた時点で連絡を断とうとする場合も少なくありません。そうでないとしても、過度な連絡を「重い」と思う人が多いです。
付き合っている相手からだとしても束縛されるのを苦手とするのが男性なので、付き合っていない段階では尚更に束縛めいた行動を取るのは避けましょう。

片思い状態で遠距離にいるのは不安だからといって自己主張しすぎてしまうと、返信が途切れて疎遠になってしまったり、最悪縁を切られてしまう可能性があることを念頭に置きましょう。